アーチカルバート

アーチカルバート

アーチカルバートとは、アーチ形をしたプレキャストコンクリート製品で下水道用、排水路用、地下河川用、地下道用及び共同溝用等多方面に利用することができます。このアーチの形状は、建造物として非常に合理的な形状をしており、構造的に最も安定しているとされております。
プレキャストアーチカルバートは、道路土工・カルバート工指針((社)日本道路協会)平成21年度版に記載されております。

特長(要点)

1. 高い強度による経済性


アーチカルバートは、上部がアーチ形、下部がボックス形をしているため、上部の荷重は軸方向圧縮力として伝達され、部材の上部及び側壁に生じる曲げモーメントは、ボックス形に比べて大幅に低減され高い強度をもつことが出来ます。このため、大きい土被りに対して特に有効であり、経済性が発揮されます。


2. ゴム輪による高い止水性


アーチカルバートは、継手部にゴム輪を使用することにより、高い止水性を確保することができます。


3. ゴム輪の弾力性による可撓性


アーチカルバートは、ゴム輪を使用しているため、地盤の多少の不同沈下に対しても、従来のモルタルコーキングとちがい、ゴム輪の弾力性による可撓性が発揮され漏水の心配がありません。


4. 工期の短縮による経済性


アーチカルバートは、ゴム輪を使用するため、継手部にモルタル目地を施す必要がなく施工が簡単で、工期の短縮による経済性が発揮されます。また、円形管において必要とされるコンクリート巻立ての必要がなく施工性、経済性が優れています。

▲ ページトップへ

種類

アーチカルバートには、形状と強度により、次の種類の製品があります。
これらの規格を組み合わせることにより、管路延長全体を工場製品で完成できるようになっております。


● 形状による種類
 ・ 標準型アーチカルバート ・・・・・・・・・ A規格
 ・ 縦方向連結形アーチカルバート ・・・ P規格
 ・ 二分割形アーチカルバート ・・・・・・・ S規格
 ・ 直載形アーチカルバート ・・・・・・・・・ B規格
 ・ マンホール用アーチカルバート ・・・・ M規格

 

● 土被り条件による種類
アーチカルバートには、土被り条件により次の3種類があります。
 ・ I 形 ・・・・・・・ 標準厚さで標準鉄筋のもの
 ・ II 形 ・・・・・・  標準厚さで鉄筋量を増加させたもの
 ・ 特厚形 ・・・・  I 形より約3割厚さを増加させたもの

▲ ページトップへ

規格

● 標準形アーチカルバート(A規格)
直線施工用の標準品で、継手部はインロー形でゴム輪により接合します。
サイズは内幅800~3000mmの10種があり、それぞれについて内高が I ・ II 形は、内高/内幅比0.7~1.2の6種類、特厚形は、1.0~1.2の3種類を用意しています。

 

標準形アーチカルバート(A規格)

 

● 二分割形アーチカルバート(S規格)
二分割形アーチカルバートは、アーチカルバートの構造的利点を生かし、近年の地下構造物の大型化に対応して、製品を分割生産し現場でPC鋼材にて緊結するもので、強度については工場実験で従来の一体成形品と同等であることが実証されております。内幅は3500~5000mm、内高は3500~5400mm、土被りは3.5m用及び8.0m用を用意しております。

 

二分割形アーチカルバート(S規格)

 

● 縦方向連結形アーチカルバート(P規格)
縦方向連結形アーチカルバートは、次のような場合に使用します。
・ 布設地盤が軟弱で不同沈下のおそれがある場合
・ 地下水位が高く、高い止水性が必要な場合
・ ガス管、水道管、電気、通信ケーブル等を横断する場合
この製品には、PC鋼材定着用切欠穴の有無によってFタイプ(無)とHタイプ(有)の2種類があります。

 

縦方向連結形アーチカルバート(P規格)

 

縦方向連結形アーチカルバート(P規格)

 

● 直載形アーチカルバート(B規格)
直載形アーチカルバートは、内面はアーチ形、外面はボックス形となっており、継手部はインロー形でゴム輪により接合します。
(1) 直載形アーチカルバートは、トラックなどの車両が通行する道路の横断等で、土被りのとれない場合に用います。
(2) 直載形アーチカルバートにマンホール穴を設けたものをマンホール用アーチカルバート(M規格)として用意しております。

 

直載形アーチカルバート(B規格)

 

● マンホール用アーチカルバート(M規格)
アーチカルバートのマンホール部については、現場打ち施工のかわりに、工場製作によるマンホール用アーチカルバートを用意しております。
この製品は、直載形アーチカルバート(B規格)にマンホール穴を設けたもので、内面はアーチ形、外面はボックス形となっており、継手部はインロー形でゴム輪により接合します。

 

マンホール用アーチカルバート(M規格)

 

【許容最大土被り表】

 

アーチカルバート許容最大土被り表

 

注)1. 最小土被りは0.5m
注)2. 鉛直土圧係数α=1
注)3. 上記標準土被り以外についてはご相談下さい。

 

▲ ページトップへ

施工方法

製品の据え付け作業は、一般的にクレーン車または門型クレーンなどを使用し、所定の位置に原則として下流部から据え付け手順に従って行います。
継手は、前後製品との間に規格より若干多い間隔が生じますが、これを継手伸びと言い、施工にはこれを考慮して配置する必要があります。

 

アーチカルバート施工方法/1.基礎の施工アーチカルバート施工方法/2.据付けアーチカルバート施工方法/3.接合(1)

 

アーチカルバート施工方法/4.接合(2)アーチカルバート施工方法/5.目地及び吊り孔の仕上げアーチカルバート施工方法/6.埋め戻し

製品・工事の写真

アーチカルバート アーチカルバート

 

アーチカルバート アーチカルバート

 

アーチカルバート アーチカルバート

 

アーチカルバート アーチカルバート

製品・工事カタログ

アーチカルバートカタログ

 


▲ ページトップへ