道路用製品

モジュラーチ(多分割式アーチシステム)

モジュラーチ(多分割式アーチシステム)

「モジュラーチ」(MODULARCH)はフランスのマティエール社(Matiere)が開発した製品を日本に技術導入した大型の鉄筋コンクリート二次製品です。アーチ特有の形状の美しさと合理性を持つ多分割式アーチ形構造物です。


特長

  • 多分割式のため大断面の構造物が構築できます
  • アーチ形構造物に加わる荷重によるモーメントが最も小さい箇所で分割する合理的な分割方式
  • 基本的なパターンを基に部材を組み合わせる方式であり、組立てが簡単です
  • 側壁部材が自立する構造になっており、安全性、施工性に優れています

平成19年9月27日 近畿地方整備局において「新技術活用評価会議」(座長は足立紀尚京都大学名誉教授)が開催され、優良技術として事後評価を受けました。
関連サイト
モジュラーチ工法協会
http://www.modularch.org/topf.html

▲ ページトップへ

プレキャストガードフェンス(PGF)

プレキャストガードフェンス(PGF)

防護柵設置基準の改定(平成10年11月) により剛性防護柵(コンクリート製壁型防護柵) が標準仕様に盛り込まれました。 プレキャストコンクリート製防護柵は、実車衝突実験で安全の為に必要な性能を持っていることが確認されています。


関連サイト
プレキャストガードフェンス協会
http://www.pgf-as.com/

▲ ページトップへ

プレキャスト共同溝

プレキャスト共同溝

電気、ガス、水道、電話など、人々の暮らしに欠かせないライフラインの総合的なトンネルとなるのが「共同溝」です。平成7年の阪神・淡路大震災では、種々の公共施設に大きな被害が発生しましたが、共同溝には供給機能を損なうほどのダメージが全く見られず、ライフラインをより確実に守る優れた工法として、各界から高い評価を受けております。 また、設置工事による周辺環境への影響や、交通渋滞などについても、工場で高度な品質管理のもとに製造された共同溝を組立・設置するだけ…というのが「プレキャストブロック工法」です。工期短縮、省人化、工程・品質管理の合理化、省資源、安全性の確保など、あらゆる面で時代のニーズに適合するものとして注目され、近年その採用を急速に伸ばしております。

▲ ページトップへ