基礎用製品

コンクリートパイル(杭)

コンクリートパイル

基礎杭は、様々な土木・建築構造物を支える主要資材として重要な役割を担っています。


既製コンクリート杭とは、工場において製造される基礎杭の1つです。その製造方法は鋼製の円筒形型枠に鉄筋かごを配置した後、コンクリートを投入した型枠を、遠心力を利用してコンクリートを締め固めるとともに、コンクリート中の余剰水を脱水することで、高強度で中空形状の製品が出来ます。


既製コンクリート杭は、1934年にRC杭が開発されて以来、高度成長の時代背景に支えられ、戦後大きな発展を遂げ、より強い杭を目指し、PHC杭、SC杭、PRC杭などの多くの杭種が開発されてきました。


また、1964年、1968年に発生した新潟地震や十勝沖地震を契機に、杭基礎の重要性が認識され、新たな基準の制定や改訂がおこなわれ、1995年に発生した兵庫県南部地震等、いくつかの大地震の経験が杭の開発を促進する結果となりました。今日では圧縮強度が80N/mm2以上の高強度コンクリートを使用した杭が主力となっており、従来の高圧縮耐力、高曲げ耐力志向から、せん断補強筋を施して変形性能についても改善された高性能杭が開発されています。

NHパイルの特徴

さまざまな条件に対応できる
豊富な種類の杭を取り揃えているため、地盤や上部構造などの各種条件に対応した最適の杭を選択できます。

パイル

杭の種類一覧表

製品種類 コンクリート
設計基準強度
(N/mm2)
当社製品名 杭径(mm) 備考
PHC 85 NH-PHCパイル 300~1200  
NH-PHC・JIS強化杭 300~1200  
NH-PHC・SATパイル 450~1200 New-STJ工法の下杭
NH-PHC・STBパイル 3035~90100 ST杭
NH-PHC・HBパイル 3035~8095 H・B・M工法の下杭
NH-PHC・Eタイプ杭 350300~900800 拡頭杭
NH-FKパイル 300450~600750 節杭
105 NH-SSPHCパイル 300~1200  
NH-SSPHC・JIS強化杭 300~1200  
NH-SSPHC・SATパイル 450~1200 New-STJ工法の下杭
NH-SSPHC・STBパイル 3035~90100 ST杭
NH-SSPHC・HBパイル 3035~8095 H・B・M工法の下杭
NH-SSPHC・Eタイプ杭 350300~900800 拡頭杭
123 NH-123PHCパイル 700~1200  
NH-123PHC・SATパイル 700~1200 New-STJ工法の下杭
NH-123PHC・STBパイル 7080~90100 ST杭
NH-123PHC・HBパイル 7080~8095 H・B・M工法の下杭
NH-123PHC・Eタイプ杭 800700~1000900 拡頭杭
PRC 85 NH-PRCパイル 300~1000  
NH-CPRCパイル 300~1000 COPITA型PRC杭
105 NH-SSCPRCパイル 300~1000 COPITA型PRC杭
SC 80 NH-CPSパイル 300~1200 鋼管引張強度:400N/mm2
NH-HiCPSパイル 300~1200 鋼管引張強度:490N/mm2
105 NH-SSCPSパイル 300~1200 鋼管引張強度:400N/mm2
NH-SSHiCPSパイル 300~1200 鋼管引張強度:490N/mm2
NH-SSGoCPSパイル 500~1200 鋼管引張強度:540N/mm2
123 NH-123CPSパイル 300~1200 鋼管引張強度:400N/mm2
NH-123HiCPSパイル 300~1200 鋼管引張強度:490N/mm2
工場により、製造可能な杭径が異なりますので、別途ご相談ください。

▲ ページトップへ

PCウェル (NETIS登録KT-990266)

PCウェル
基礎工事を刷新、先進のNH-PCウェル工法
NH-PCウェル工法は、日本ヒューム株式会社が開発したプレキャストブロックによる大口径基礎工法です。 工場製の単体ブロックをポストテンション方式で緊張結合させてひとつの構造物を組成します。PCウェル内部を掘削排土しながら沈設圧入し、基礎構造物を築造していく画期的な工法です。 また基礎工のみならず脚柱部材にも利用できるなど、数多くのメリットを備え、無公害工法としても高い評価を得ています。
特徴
  • 工場製作のプレキャスト部材で、品質管理が充分に行われているため信頼性の高い基礎躯体として、完成後 における設計断面が必ず確保できます。
  • 施工管理が容易です。
  • 給排水や脱水設備等の特別な設備が不要なため、わずかな占有面積で施工が可能です。
  • 中掘圧入式施工(油圧圧入沈設併用)のため、周辺地盤のゆるみや崩壊を防止でき、近接施工に適しています。
  • 低振動・低騒音でスムーズな施工が可能です。
  • 施工時において泥水を使用しないため、地下水・河川・市街地等への環境汚染が発生しません。
  • 水上施工の場合、仮締切、築島などを必要としません。
  • 施工精度が優れています。
  • 工期が短縮できます。

▲ ページトップへ

PRCウェル (NETIS登録KT-990266)

PRC構造概要図
PRC構造概要図

基礎及び橋脚に利用出来るPCウェルをPRC構造にしたもので、施工時に必要な緊張応力を数本のPC鋼材によって導入しながら沈設し、完了後に高強度モルタルの充填及び主鉄筋(高強度鉄筋)の一括挿入を行います。


  • 八戸工業大学の協力を得て、PPRC構造による実験を実施し、従来の耐震性能を保持していることを確認しています。
  • 円周方向の分割も可能ですので、大口径(φ4000~7000)に対応出来ます。
  • 通常のRC構造として設計できます。
  • ブロック接合面には接着剤が塗布され全強に相当する強度を有します。
  • 低振動・低騒音でスムーズな施工が可能です。
  • PCウェルと比較し、緊張作業、PCグラウト工が少なく、工期短縮が図れます。
  • 工期短縮により施工費が縮減されます。
PRC施工フロー図
施工フロー図
PRC製品使用イメージ図 PRC分割ブロック製品写真
製品使用イメージ図
分割ブロック製品写真

採用実績

  • 工事件名:国道道路改築工事(姥山高架橋P13,P14橋脚基礎工)
  • 路線名:一般国道126号(山武東総道路)
  • 工事箇所:千葉県山武郡横芝町姥山地先
  • 工期: (P13橋脚)2002.9.11~2003.5.31 (P14橋脚)2002.3.26~2003.3.25
  • 橋脚形式:鋼製ラーメン橋脚
  • 基礎形式:PCウェル(PRC構造) φ5000mm
PRC施工状況写真 PRC施工状況写真
施工状況写真

▲ ページトップへ

複合PCウェル  (NETIS登録KT-040031)

複合PCウェル
複合ウェル概要図

複合ウェル工法は、PCウェル工法の途中から先端部分にかけて杭径を小さくした場所打ち杭工法を用い、一体となるよう接続した『変断面複合杭基礎工法』であります。一種の『拡頭杭基礎工法』と見なすこともできます。


 
特長
  • 途中から場所打ち杭を使用する事により、杭長が20m程度以上になると経済性が向上します。
  • 途中から場所打ち杭を使用する事により、工期が短縮できます。
  • PCウェル圧入装置の規模縮小など仮設装備が簡易となるため施工性が向上します。
  • PCウェル工法は中堀圧入式施工であるため、周辺地盤のゆるみや崩壊を防止でき、近接施工に適しています。
  • 低振動・低騒音でスムーズな施工が可能です。
  • 水上施工の場合、仮締切、築島などを必要としません。
複合ウェル施工状況写真
施工フロー図

▲ ページトップへ

プレキャストPRC中空橋脚  (NETIS登録KT-040057)

RC橋脚の一部の鉄筋をPC鋼材に置換して、プレキャスト部材を組立てるために必要なプレストレスを導入し、完了後に高強度モルタルの充填及び主鉄筋(高強度鉄筋)の一括挿入を行います。 靭性、ひび割れ制御による耐久性、及び急速施工による設計は通常のRC橋脚として取り扱え、断面形状も自由に設計可能です。

  • プレストレスの導入により地震時において有害なひび割れを抑制・制御できます。
  • 張り出し方式、桁方式及び型枠方式の3タイプの横梁工に適用可能です。
  • プレキャスト部材を用いるため、高品質が容易に確保できます。
  • 高強度化かつ密実なコンクリート部材であるため耐久性に優れています。
  • 工期を大幅に短縮できます。
  • 施工専有面積を小さくできます。
  • 施工時間や作業帯の制約がある市街地工事に適しています。
  • プレキャスト部材を組み立てるため、廃棄物の発生が少なく環境に優しい工法です。
フルプレキャストPRC中空橋脚概要図
フルプレキャストPRC中空橋脚概要図
プレキャストPRC施工フロー図
施工フロー図

▲ ページトップへ