コンクリートパイル(杭)

コンクリートパイル

基礎杭は、様々な土木・建築構造物を支える主要資材として重要な役割を担っています。


既製コンクリート杭とは、工場において製造される基礎杭の1つです。その製造方法は鋼製の円筒形型枠に鉄筋かごを配置した後、コンクリートを投入した型枠を、遠心力を利用してコンクリートを締め固めるとともに、コンクリート中の余剰水を脱水することで、高強度で中空形状の製品が出来ます。


既製コンクリート杭は、1934年にRC杭が開発されて以来、高度成長の時代背景に支えられ、戦後大きな発展を遂げ、より強い杭を目指し、PHC杭、SC杭、PRC杭などの多くの杭種が開発されてきました。


また、1964年、1968年に発生した新潟地震や十勝沖地震を契機に、杭基礎の重要性が認識され、新たな基準の制定や改訂がおこなわれ、1995年に発生した兵庫県南部地震等、いくつかの大地震の経験が杭の開発を促進する結果となりました。今日では圧縮強度が80N/mm2以上の高強度コンクリートを使用した杭が主力となっており、従来の高圧縮耐力、高曲げ耐力志向から、せん断補強筋を施して変形性能についても改善された高性能杭が開発されています。

▲ ページトップへ

 

特徴

①PHC杭(Pretensioned Spun High Strength Concrete Piles;プレテンション方式遠心力高強度プレストレストコンクリートパイル)


 PHC杭は、コンクリートの圧縮強度が80N/mm2以上で、軸方向にPC鋼棒を使用した、既製コンクリート杭の代表的な杭です。様々な種類を揃えており、設計条件に応じて最適な杭種を選択することができます。

 

〔商品名〕

NH-PHCパイル

NH-PHC・JIS強化杭

NH-PHC・SATパイル

NH-PHC・STBパイル

NH-PHC・HBパイル

NH-PHC・Eタイプ杭

NH-SSPHCパイル

NH-123PHCパイル


②SC杭(Steel Composite Piles;鋼管複合杭)

 

SC杭は、鋼管の内面に膨張材を混入したコンクリートを打設、一体化した複合杭で引張に強い鋼管と、圧縮に強い高強度コンクリートの長所を併せ持ち、他の杭と比較して、高曲げ耐力・高靭性等の特徴を有しています。

 

〔商品名〕
NH-CPSパイル

NH-HiCPSパイル

NH-SSCPSパイル

NH-SSHiCPSパイル

NH-SSGoCPSパイル


③PRC杭(Pretensioned and Reinforced Spun High Strength Concrete Piles;プレストレスト鉄筋コンクリート杭)


PRC杭は、PHC杭の軸方向に異形棒鋼を補強して、PHC杭よりも曲げ耐力を大きくした杭です。

 

〔商品名〕

NH-CPRCパイル

NH-SSCPRCパイル

NH-PRCパイル


▲ ページトップへ

製品、施工写真

コンクリートパイル

 

コンクリートパイル

 

コンクリートパイル

【施主】
【工事名】
【場所】
【工期】
【概要】

▲ ページトップへ

 

コンクリートパイル

【施主】
【工事名】
【場所】
【工期】
【概要】

 

▲ ページトップへ

 

コンクリートパイル

 

コンクリートパイル

 

コンクリートパイル

 

コンクリートパイル

【施主】
【工事名】
【場所】
【工期】
【概要】

 

▲ ページトップへ